たてよこブログ

都内に住むアラサーサラリーマンの雑記

技術士補試験の合格率は?受験者数も含め過去10年間のデータをグラフ化してみた。

f:id:rm55:20190904030612j:plain


この記事は公式HPの統計情報を元に技術士補試験の合格率をお伝えします。

 

年度・部門によって上下する合格率ですが、全体の受験者と合格率をグラフ化することで傾向を探っていきます。

なお、公式で発表されている平成30年まで数値が対象。

令和元年=2019年の技術士補試験の合格発表は12月19日予定です。

 

 

過去10年での合格率は44.8%! 正しく努力すれば合格できる試験

f:id:rm55:20190904024526p:plain

公益社団法人 日本技術士

統計情報より拝借

https://www.engineer.or.jp/c_topics/001/001012.html

 

上の表が公式ホームページにある技術士補試験の合格率を表した表です。

 

昭和59年始まったころは約30%の合格率だったことが分かります。

 

しかし平成6年から14年までは20%を切る合格率になっており、かなり難しい資格だったと言えるでしょう。

 

そこから技術者人口を増やそうと日本技術士会が方針を転換し、試験が易しくなりました。

 

f:id:rm55:20190904030612j:plain

技術士補試験 平成21年から10年間の合格率グラフ

 

直近10年だけで見ると受験者の合格率平均は44.8%となっており、十分合格が狙える資格になっています。

 

受験者数は約1万7千人ほどになっており、平成25年度から右肩上がりになっていることが分かります。

 

辞退者も20%ほど発生

申し込んだものの結局試験を受けなかった人もグラフにしてみました。

f:id:rm55:20190904030948j:plain

技術士補試験 平成21年から10年間の辞退率グラフ

受験手数料11,000円を支払っておきながらなんとほぼ安定して20%の申込者が辞退をしています!

 

合格率はこれだけ変動があるのに辞退者はほぼ一定であり、

そしてパレートの法則2:8の法則)がしっかりと発動されています。

(やっぱり統計はウソつかない)

 

平成30年では21,228人が申込を行い、21.5%にあたる4,564人が辞退しているので、

辞退者4,564人×11,000円=50,204,000円ものお金が何もせず日本技術士会の懐に入ったことになります。

 

ご、ごせんまん!!!??

 

 

というか申込者全体なら21,228人×11,000円=233,508,000円…

 

に、におくさんぜんまん!!!!????

 

資格ビジネスは儲かると聞いていましたがこれはガチですね。

2億の売上あれば会場費やスタッフ手配してもそりゃあ儲かるわ。。

俺も天下りしてぇ。。

 

 

 

まとめ

  • 現在の技術士補の合格率は約44.8%!
  • 辞退者は約20%でほぼ一定!
  • めっちゃ儲かる国家資格を取り扱う組織に天下りしよう!!

では!